ダイレクト自動車保険というのは、最近人気が出てきております。
その人気のひとつとして、保険の掛け金が安いということがあげられております。

 

従来の代理店型自動車保険の場合、保険会社と契約者の間に代理店があります。

 

代理店が運営を成立させるためには、どうしても代理店が中間マージンを取らなければなりません。

 

その中間マージンの分、保険の掛け金にそれが転嫁されてしまう傾向にあります。

 

さらに、代理店というからには、店舗を構えていないといけません。
また、店舗にはそれなりのスタッフを割く必要性も出てきます。
人件費や店舗の賃料もかかってしまうということで、そのお金もどうしても掛け金に影響してしまいます。

 

一方、ダイレクト自動車保険の場合、そもそも代理店がありませんので、中間マージンが発生しません。
ということは、最低限の利益、負担で済むというわけです。

 

ダイレクト自動車保険の場合、利用する通信手段は、電話やインターネットです。

 

ということは、それほどお金もかからないということになります。

 

インターネットに力を入れている自動車保険会社であれば、人件費をさらに減らすこともできます。

 

減らした諸経費の分、割安な保険料に反映させることができるのです。