ダイレクト自動車保険を選ぶ際、または実際に利用したいという場合には、いくつか注意点があります。

 

まず、ダイレクト自動車保険を選ぶ際ですが、すでに他社の自動車保険に加入をしているという場合、その保険証券を必ず用意することです。

 

現在加入している保険よりよい条件であることが、ダイレクト自動車保険を選ぶ最低条件でもあります。

 

次に、実際に利用する際のことですが、実際に納得行く連絡が出来るかどうかというのがあります。

 

ダイレクト自動車保険の場合、特に担当者というのは設けておりません。
代理店型の自動車保険である場合には、担当者がいますので、一度連絡をすれば、次回以降は前の話は前提条件としてすでに伝わっております。

 

しかし、ダイレクト自動車保険の場合には、電話をするたびに担当者が代わっております。

 

これですと、前回連絡した内容を改めて連絡しなければならない、そんな可能性もあります。
もちろん、しっかりと引継ぎはされているとは思いますが。

 

また、サービスに関しては代理店型と比べるとあまり充実はしておりません。

 

レッカー移動や宿泊費やタクシー代の負担など、代理店型ですと手厚いこれらのサービスも、ダイレクト型ではないことが多いです。